交通事故に遭ってしまった場合の補償について

こんにちは。
ハピネス整骨院の篠塚です。

 

日が短くなってきて夜の運転だけでなく夕方からもライトをつけることが多くなっていますよね!
特に都心では交通量が多く、対向車のライトが目に入ってたまに見づらくなるときがあります!
デスクワークなど目の疲れている方は特に刺激が強く入るため、危険になることもあります!
そのため、普段目の疲れを自覚している方やパソコンをよく使う方は夜間だけでなく、長時間の運転は避けることをお勧めします!

 

今回はもし自分が交通事故を起こしてしまったときのお話をしていきたいと思います!
まずもしも自分が交通事故を起こしてしまったとしたら念書を書かないで置くことを覚えておいてください!
念書とは後日証拠として念のために書いておく書類のことをいいます。仮に自分の不注意で自分が100%悪いと思っていても、事故の状況によっては過失割合がそうでないこともあります!過失割合が100%でなかった場合、相手の過失割合分の保障すら受けられなくなってしまいます。

 

三郷市,交通事故治療,むちうち,ハピネス整骨院

 

 

自賠責保険は過失が100%でなければ

 

120万のうちの20%を引かれた96万円まで

 

自賠責保険の補償を受けることができるんです!

 


そのため、その場で示談で済まさず必ず警察を呼びましょう!
その警察の状況確認によってはどうなるかわからないところもあります。
また、自分が被害者になった場合、自賠責保険での補償は基本的には人身事故に限られます!人身事故では慰謝料や休業損害費・治療費・交通費など賄うことができます。物損事故に関しては基本的に自賠責保険を使用することができません。
その場合は、人身事故証明書入手不能理由書を入手して人身事故扱いにしてもらうことが、良いと思います!しかし、この人身事故証明書入手不能理由書は、加害者に署名や印鑑をもらわなければなりませんので、事故後に加害者と音信不通になった、連絡がとれないなど、加害者の協力が得られない場合、被害者は自賠責保険会社に『加害者が署名押印に協力してもらえない』という事情を説明する必要が出てきます。

 

今回は少し保険についてお話しさせていただきましたが、その時の状況によって様々な例があります!
事故に遭われて皆さんお辛い状況にありますので、少しでも早く楽な状態にもっていき、またそれ以上にストレスをためないよう、私たちでサポートさせていただきます。

 

もし、お困りの方や詳しく聞いてみたいことなどありましたらハピネス整骨院までご連絡ください!

 

お問い合わせをお待ちしております

三郷市,交通事故治療,むちうち,ハピネス整骨院
三郷市,交通事故治療,むちうち,ハピネス整骨院
三郷市,交通事故治療,むちうち,ハピネス整骨院